Event Info


Tokoshie no Tenohira LP version- Listening & Talk Session @Haretara Sora ni Mame Maite

6.27.2020

Jun Miyake with Takayuki Terakado

ジャズをルーツに、異種交配の限りを尽くし、時代に欠落した音楽を作ることを 目指して映画、CM、ダンス、舞台、ドキュメンタリー など様々なジャンルの作品に楽曲を 提供してきた稀代の作曲家、三宅 純の1988年にリリースされた80年代を象徴する多国籍傑作アルバム、「永遠乃掌」が初めてアナログ化!!

記念すべきリリースに伴い、音源の魅力を最大限に引き出すハイグレードな音響装置で作品を再生しつつ、楽曲の背景やエピソード、制作秘話など 様々な角度からその魅力に迫る大好評のListening & Talk Sessionシリーズの開催が決定!! ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の劇団、ナイロン100℃の公演で使用されたことでも知られるヨーロピアン・ゴシックな”Lay-La-La-Roy”から始まり、鳥のさえずりとオリエンタルな口笛にアフリカン・コーラスが絡む「永遠乃掌」、まさかの”Sex Machine”サンプリングのエレクトロ・スウィング”Knife”、デヴィッド・リンチ作品を連想させる”Sugar Snow”、アンニュイ・バレアリック・テイストな”Para Media”など多国籍、多ジャンルな全14曲が物語のように一筋の流れを持って共存する、80年代東京を象徴するかのような作品。 この機会にしか聞けない音源、映像、貴重な話が飛び出すこと必至です。 進行役は、この度のアルバムのアートワークも担当し、三宅氏と交遊の深い画家・寺門孝之氏。


Opens at 17:00 / Starts at 17:30

More info


Recent Posts