Japanese English French


三宅 純 Jun MIYAKE

作曲、編曲、演奏
Trumpet, Flugelhorn, Flumpet, Pianica, Piano, Fender Rhodes, Programming, etc.

〈PROFILE〉

1958年京都府に生まれ、鎌倉で育つ。神奈川県立光陵高等学校出身。高校時代より新宿ピットイン等でプロとしてライヴ活動をしていたところ、尊敬する日野皓正に見出され、日野氏の推薦で高校卒業後の1976年にバークリー音楽大学へ入学する。在米中は自己のグループを率いて、ボストン、ニューヨークで演奏活動、1981年にはマサチューセッツ州アーティスト・ファウンデーション主催の作曲コンクール・ジャズ部門で優勝する。
1981年に帰国、ジャズミュージシャンとしてライブ、スタジオワーク、作・編曲活動を開始する(演奏楽器:トランペット、フリューゲルホルン、ピアニカ、ピアノ、キーボード、フェンダー・ローズ、プログラミング等)。 時代の盲点を突いたアーティスト活動の傍ら作曲家としても頭角を現し、CM、映画、ドキュメンタリー、コンテンポラリー・ダンス等多くの作品に関わる。
1983年にデビューアルバム『JUNE NIGHT LOVE』をリリースする。このアルバムに収められた2曲がアンディー・ウォーホル出演のTDKのCMで起用されたことがきっかけでCM音楽制作を始め、後に「CM王」との異名をとるほどCM音楽界では有名になる。3,000作を越えるという担当CMの中には、カンヌ国際映画祭などでの受賞作も多数ある。
1996年にはオリバー・ストーンの推薦によりクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と作曲家として正式契約。異種交配を多用した個性的なサウンドは、ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、パトリス・ルコント、ロバート・ウィルソン、ジャン・ポール・グード、大友克洋等から絶賛されている。 ジャンルを超越した活動を通じてハル・ウィルナー、ピーター・シェラー、アート・リンゼイ、エヴァン・ルーリー、アルチュール・H、ヴィニシウス・カントゥアリア等海外アーティストとの交流も深く、、パリ・シャイヨー宮におけるフィリップ・ドゥクフレとの即興セッション(2000年)、ロバート・ウィルソンの『The White Town』の音楽監督(2002年)、北京での京劇俳優との即興セッション(2002年)、ベルリン・ジャズ・フェスティバルへの参加(2003年)、ピナ・バウシュ、フィリップ・ドゥクフレ、カトリーヌ・ウィードマン等ダンス作品への楽曲提供(2005年-2010年)、ヴィム・ヴェンダース監督作品『ピナ』への楽曲提供(2011年)等で 国際的な評価を受けている。
2005年秋よりパリにも拠点を設け、精力的に活動中である。2007年のオリジナルアルバム『Stolen from strangers』、及び2013年のオリジナルアルバム『Lost Memory Theatre act-1』は、欧米の音楽誌で「年間ベストアルバム」「音楽批評家大賞」などを連続受賞。ギャラリーラファイエット・オムの「2009年の男」に選出され、同年の5月にはパリの街を三宅 純のポスターが埋め尽くした。
主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督作品「ピナ/踊り続けるいのち」はEuropean Film award2011 ベストドキュメンタリー賞 受賞、またアカデミー賞2012年ドキュメンタリー部門、英国アカデミー賞2012年外国語映画部門にノミネートされた。

「数年前、三宅 純のテープを受け取った私はその場でノックアウトされた。
1時間にも満たない間に、地球上を行き交うほとんど全てのタイプの音楽が、実に調和のとれた形で、たった一人のアーティストによって演じられていたのだ!
彼は私が出会った誰よりもあらゆる音楽言語に通じ、それを操る才能を持ち、さらには狂気をも介在させていた。この男と仕事がしてみたい!
このアルバムはひとつの組曲として結晶したマジカル・オーディオ・ムービーであり、聴く者をシュールな音楽史の世界へ誘ってくれる傑作なのである」
by ハル・ウィルナー(『星ノ玉ノ緒 ENTROPATHY』ライナーノーツより抜粋)


〈SOLO ALBUMS〉
(Produced, Written, Arranged, and Performed by JUN MIYAKE)

・JUNE NIGHT LOVE (1983)
・Especially Sexy (1984)
永遠乃掌 TOKOSHIE no TENOHIRA (1988)
星ノ玉ノ緒 ENTROPATHY (1993)
・CM TRACKS VOL.1 (1996)
・CM TRACKS VOL.2 (1996)
常夏乃憂ヒ JUN MIYAKE LIVE at CAY '95 (1996)
・Latinism Reversible (1997)
・"angels rondo" MUSIC for TAKAYUKI TERAKADO EXHIBITION (1998)
・Glam Exotica! (1999)
・Mondo Erotica! (2000)
・Innocent Bossa in the mirror (2000)
・Stolen from strangers (2007)
・Lost Memory Theatre act-1 (2013)
・Lost Memory Theatre act-2 (2014)


〈SOUNDTRACK ALBUMS〉

・GORILLAII original soundtrack (1989) トラック6「SASURAI」
・MEMORIES original motion picture soundtrack (1996) 第2話「STINK BOMB/最臭兵器DISC1:トラック12-29
プープーの物語 オリジナル・サウンドトラック (1998)
MASK DE 41 オリジナル・サウンドトラック (2004)
牙 -KIBA- オリジナル・サウンドトラック Vol.1 (2006)
牙 -KIBA- オリジナル・サウンドトラック Vol.2 (2007)
中国の不思議な役人 The Miraculous Mandarin サウンド・トラック (2009)
・"Vollmond" music from the dance theater of Pina (2009)
ジャンヌ・ダルク Janne d'Arc オリジナル・サウンドトラック (2010)
・"pina" sound track / Wim Wenders film (2011)
音楽劇ヴォイツェク Woyzeck soundtrack (2014)
・9days Queen 9日間の女王 オリジナル・サウンドトラック (2014)


〈SINGLES〉

・Stokesia (1989)
・ONE (1991)
・RECIENTE (1991)
・La Party (1991)
・ぜんまいざむらいのうた (2006)
・ぜんまいな人生 (2007)



〈FILM SCORES〉

愛しのハーフムーン /監督:滝田洋二郎 (1987)
・MEMORIES 第2話「STINK BOMB/最臭兵器」 /総監督:大友克洋、監督:岡村天斎(1995)
プープーの物語 /監督:渡辺謙作 (1998)
エニイ・ギブン・サンデー /監督:オリバー・ストーン (1999)
楽曲を提供するも諸事情により完成版では使用されず
・MASK DE 41 /監督:村本天志 (2004)
・Coffee with Pina / Lee Yanor (2005)
・L'Ombre et la Main / Laurence Garret (2006)
・Mourir d'Aimer / Josse Dayan (2009)
・Katai / Claire Doyon (2010)
・3 femmes amoureuses / Pierre Daigniere (2010)
・The Women / Diane English (2010)
・Jonas / Christian Ulmen&Robert Wilde (2011)
・Eat Pray Love / Ryan Murphy (2011)
・pina / Wim Wenders (2011) Awarded for European Film Award 2011, Nominee for the Academy Awards 2012, BAFTA awards 2012
・The mark of beauty (2013)
・Tiens-toi droite / Katia Lewkowicz (2014)
・NORMAN: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer / Joseph Ceder (2016)



〈LIVE PERFORMACES, THEATERS, DANCES, etc.〉


ボストン、ニューヨークのクラブ、FM局 定期出演 (1976-1981)
フジサンケイグループ新首脳陣発表イベント (東京、大阪) 音楽監督 (1984)
・20's vs 80's "Electric Cotton Club "(六本木インクスティック) 企画、出演 (1984)
・All Japan Jazz Aid (日本武道館) オープニング/エンディング作編曲 (1987, 1988)
・"BOHEMIA"(西麻布) 音楽監督 (1987-1989)
・"CAY"(青山) 定期出演 (1986-)
・"Festival Halu"(パルコ劇場) 出演 (1994)
・Montreux Jezz Festival (Seigen Ono Ensemble) Soloistとしてゲスト出演 (1994)
・Philippe Decoufle&DCAとImprovisational Session (京都、Palais de Chaillot) (2000)
・Irma Omerzoのダンスチームの公演に作品提供 (2001)
画家・寺門孝之と外郭放水路にて即興ライヴペインティング・セッション (2002)
・Robert Wilson"The White Town"(Bellvue Theater、Copenhagen)に音楽監督として参加 (2002)
・Philippe Decoufleのワークショップ(横浜)に作品提供 (2002)
外務省の招聘により北京公演。京劇役者とのセッション (2002)
・Berlin Jazz Festival 2003、Nouveau Casino(Paris)に出演 (2003)
・Phillipe Decoufle"solo"(Paris)に楽曲提供 (2005)
・Pina Bausch"RoughCut"(Wuppertal)に楽曲提供 (2005)
・Katerine Wiedemann"The Mermaid"(Copenhagen)に楽曲提供 (2005)
・Phillipe Decoufleモガドア劇場公演(Paris)に客演 (2005)
・2006ワールドカップ記念コンピレーション・アルバム『Play Up』に参加 (2006)
・Pina Bausch"Vollmond"(Wuppertal)に楽曲提供 (2006)
・Pina Bausch "Bamboo Blues"(Wuppertal)に楽曲提供 (2007)
・Breht-Weil / Three penny Opera / Akira Shirai / Tokyo (2007)
・"Stay Awake" Songs of vintage Disney Films / produced by Hal Willner (2007 London) Grace Jones, Gavin Friday and Beth Gibbonsのために編曲、及び指揮
・Pina Bausch "Sweet Mambo"(Wuppertal)に楽曲提供 (2008)
・"Stay Awake" Songs of vintage Disney Films / produced by Hal Willner (2008 NY) David Byrne, Gavin Friday and Jennifer Charlesのために編曲、及び指揮
・Galerie Lafayette Homme 2009 イメージキャラクター
・白井晃演出による寺山修司の再演『中国の不思議な役人』(パルコ劇場) 楽曲提供、及び音楽監督(2009)
・Philippe Ridley / Leaves of Glass / Akira Shirai / Tokyo (2010)
・Kazuki Nakajima / Jeanne d'Arc / Alira SHirai / Tokyo (2010)
・Paul Auster / Ghosts / Akira Shirai / Tokyo (2011)
・Kyoka Izumi / Tenshu Monogatari / Akira Shirai / Tokyo (2011)
・Georg Buchner / Woyzeck / Akira Shirai / Tokyo (2012)
・"Pina Bausch tribute in Tokyo" concert (2013)
・"Pina 40" concert in Wuppertal / Germany (2013)
・"A tribute to Pina Bausch" concert in Vienna / Austria (2013)
・Go Aoki / 9days Queen / Akira Shirai / Tokyo (2013)
・"The here and after" concert at Le 104 Paris (2014)
・Jun Miyake / Lost Memory Theatre / Akira Shirai / Yokohama (2014)
・Pearl S Buck / PEARL / Lincoln Center NY (2015)
・Kazuki Nakajima / No.9 melody immortality / Akira Shirai / Tokyo (2015)
・"Jun Miyake WMF2016" concert at Hamamatsu Act City hall (2016)
・"Jun Miyake" concert at Blue Note Tokyo (2016)


〈OTHER ARTISTS FOR WHOM JUN HAS PRODUCED〉

中森明菜
佐藤隆井上大輔おおたか静流オリガ花代、VieVie、平沢進葛生千夏前田祐希、ZOE、Theresa Jonet、Sublime、コシミハル、Aline de Lima, etc.


〈TV COMMERCIALS〉

SONY / MAXCELL / SCOTCH / PANASONIC / VICTOR / MITSUBISHI / NEC / SANYO / AXIA / SHARP /TOSHIBA / HITACHI / FORD / MERCEDEZ BENZ / BMW /TOYOTA / NISSAN / HONDA / SUZUKI / MAZDA / MAX FACTOR / SHISEIDO / POLA / KOSE / KANEBO / SOFINA / MAYBELLINE / KIRIN / SAPPORO / SUNTORY / ASAHI / NIKKA / CANON / NIKON / MINOLTA / KYOCERA / OLIMPUS / COCA-COLA / 7 UPS / POKKA / DYDO and More...


〈AWARDS〉

・マサチューセッツ州 Artist Foundationの作曲コンクールジャズ部門で優勝(1980)
・カンヌ国際映画広告映画祭銀賞
・国際放送広告賞
・クリオアワーズ
・電通広告賞
・ACC賞
・JAM広告音楽賞(最優秀作曲賞、最優秀編曲賞)
・マルチメディア・グランプリ
等受賞作多数



〈Twitter〉

Jun Miyake /三宅純: https://twitter.com/jun_miyake


〈ファンサイト〉

LOVE YOU JM : http://www.junmiyake.com/loveyoujm/
facebook : https://www.facebook.com/junmiyakefanpage


〈レコード会社インフォメーション〉

P-VINE : http://p-vine.jp/
ENJA /yellowbird : http://www.jazzrecords.com/enja/
BEAMS RECORDS : http://www.beams.co.jp/

Jun MIYAKE